Research Artisan
『3月 24日の夕ご飯。』
IMG_5352_convert_20210325073134.jpg

ポークカレー、キャロットラペ、一口チキンカツ、コールスロー。

夫は仕事で帰宅が遅かったので、子供たちと3人ご飯。

冷蔵庫の残り物で作った、残りものカレー。

薄切り豚肉と、玉ねぎと、シメジと、ナスが入っています。

冷蔵庫が空っぽになったので、買い物に行かねば( *´艸`)

地味弁。
IMG_5353_convert_20210325073159.jpg

今日も二個弁。

夫弁当は、焼きそば弁当、消費期限が近い焼きぞば麺が1玉あったから(*´▽`*)

むーたんはトースターの番人。
IMG_5354_convert_20210325073216.jpg

トースターを使った後のぬくもりを、楽しむのが毎日の日課。

1月末で無職になった長女。

再就職の活動は、まだしていない。

最近は、もっぱら、部屋の片づけをしていて

不用品が、たくさん出てきたので、リサイクルショップに持っていくことにした。

ミラーレスカメラ、コンデジ、電子辞書、衣類、ゲーセンのぬいぐるみ、雑誌の付録などなど。

ついでに、私も、全く使っていない、お客様用の茶器や、おまけでもらったマグカップなどを処分することにした。

夫から区役所へのお使いも頼まれていたので、区役所に行って、リサイクルショップに行くことにした。

ら、3月の区役所、激混み(ノД`)・゜・。

引っ越しシーズンだもんね。

とりあえず、お使い済ませて、リサイクルショップに行ったら、こちらも激混み。

待ち時間50分。

引っ越しシーズンで、不用品が出た人がたくさんいたのかな?

もしかして、待ち時間長いかも?と思って本を持っていっていたので

読書タイム。
IMG_4121_convert_20210325073410.jpg

今村夏子さんの「星の子」。

映画化されたときに、気になっていたけれど、映画館に行きそびれたので

原作を買ったのでした。

今村夏子さんの本は、初めて読んだけど、すごく読みやすい文体でした。

(この本の前に読んでた「罪の声」が、苦手な文体で、ものすごく読むのに時間がかかった・・・。)

とある怪しげな宗教を信じる家に生まれた子供の話。

今まで、怪しげな宗教に属している人や、その家族と接する機会はあったんだけど

自分が、そういう環境にないものだから

怪しげなイメージがあって、関わりたくない!!と思ったけど

「星の子」を読んだら

渦中の人たちは、周りから見るよりも、怪しさなく、信じていける心のよりどころがあるだけで

幸せにやっている人もいるんだなと、今まで感じたことのない気持ちになった。

とはいえ、純粋に、怪しげな宗教を信仰している人もいれば

本当に怪しげなことをしている人もいるだろうから、

やっぱり近くにいたら警戒しちゃうよなと思いました。

ラストが、読み手に任せる感じで終わっていたんだけど

私的には、主人公の女の子が、ハッピーになっていけると思えました(*^_^*)

で、読書後、不要品の買い取り金を取りに行った。

そんなに高額になることを期待して持って行ったわけではないから

金額的には、まあ、満足だったんだけど

来月25歳になる長女が、高校に上がるときに買った電子辞書の買い取り額が

10円だったのは、驚愕したΣ(゚Д゚)

スマホの時代だね~。

うちには、まだ、子供たちが子供時代に使っていた

図鑑もあるんだよね、引き取ってくれるかな?


【先着特典】星の子 豪華版(オリジナルトートバッグ) [ 芦田愛菜 ]

0円で始める副業ネット販売 不用品から知識・ノウハウまで、スマホでサクサク利益をあげる! [ 上田祐輝 ]



【2021/03/25 08:17】 夕ご飯と猫 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ランキング

ブログ内検索

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる